角海老宝石ボクシングジム

戦績詳細

2015-04-30

KAMIKAZE

日本ヘビー級タイトルマッチ
vs 石田 順裕(グリーンツダ)

10R 判定 2-1 (96-94)(95-98)(96-95)
昨年4月30日以来、丸1年ぶりの再戦。今回も先制したのは元WBA世界S・ウェルター級暫定王者の実績を持つ39歳の石田だった。ワンツーを巧打した初回、伸びる左で京太郎を仰け反らせて、幸先良いスタートを切る。2回も動きが軽快な石田は、肩越しの右をピンポイントに打ち抜き、ノーモーションの右もヒット。主導権を握る石田は3回も打ち下ろしの右と、コンパクトなフォームからノーモーションの右、そして打ち終わりを狙って左フックを合わせた。一方、3回終盤に左フックをヒットさせた京太郎は4回、カウンターの左フック、ボディ連打から顔面に返すコンビネーションをヒット。反撃の狼煙をあげたが、5回終了後の途中採点では1年前の初戦同様、前半戦を優位に進めた石田が2-0(48-48、48-47×2)で僅かにポイントをリードした。

 6回も石田はジャブからフックの左ダブルを巧みにヒットさせるなど、熟練されたテクニックを披露したものの、京太郎は左フックからの右ストレートで石田にダメージを与え、7回にはカウンターの左フックに右ストレートを断続的にヒット。右を返して食い下がる石田のパンチには前半の切れが失われてきた。8回、開始早々の右アッパーで機先を制した京太郎はワンツー、左フックを立て続けにヒット。流れを引き寄せたかに見えたが、石田も9回に余力を振り絞って右ストレートで反撃。最終回も疲れが見える両者は決め手を奪えず、勝負は判定に持ち込まれた。今回も僅差となったが、ジャッジ二者が京太郎を支持。辛くもベルトを死守する形となった。
©2018 Kadoebi inc. All Rights Reserved.