角海老宝石ボクシングジム

選手プロフィール

川村 英吉

EIKICHI KAWAMURA
日本スーパーライト級9位・2023年全日本新人王スーパーライト級優勝
    • 川村 英吉1
    • 川村 英吉2
    • 川村 英吉3
    • 川村 英吉4
    生年月日
    1999-08-28 (24歳)
    出身地
    愛知県
    出身校
    享栄高等学校、日本大学
    アマ戦績
    24戦16勝(6KO・RSC)8敗、第72回国民体育大会ミドル級準優勝
    プロ戦績
    4戦4勝(2KO)0敗0分
    ボクシングスタイル
    右ボクサーファイター
    血液型
    B型
    主戦階級
    身長
    174cm
    目標とするボクサー
    趣味

    4R 1分 37秒 KO
    2024-02-26

    東京新宿歌舞伎町 BOXING

    Sライト級6回戦
    vs 中島 海二(21=八王子中屋)
    写真を見る

    対戦相手棄権 試合中止による不戦勝扱い
    2023-12-23

    全日本新人王決定戦

    全日本新人王決勝 Sライト級4回戦
    vs 宮川 竜成(=尼崎亀谷)

    判定3-0 39-37,40-36,40-36
    2023-11-03

    東日本新人王決勝戦

    Sライト級4回戦
    vs 大場翔
    写真を見る

    1R 2分 45秒 KO
    2023-09-14

    東日本新人王準決勝

    Sライト級4回戦
    vs 多破スパンダン(ハッピーBOX)
    写真を見る

    判定0-3 37-39,36-40,36-40
    2023-05-31

    Life Time Boxing 14

    Sライト級4回戦
    vs 能醒 魅(T&H)
    写真を見る
    pict
    other's NEWS
    2023-11-04
    東日本新人王決勝 MVPは衝撃KOの牧田健之介 “3度目の正直”赤井英五郎が敢闘賞
    第80回東日本新人王決勝が3日、後楽園ホールで開催された。実施12階級で誕生した東日本新人王は12月23日、同会場で西軍代表と全日本新人王を争う。 今年の東日本新人王たち。前列左から敢闘・赤井、MVP牧田、技能須藤  最優秀選手賞にはフェザー級の牧田健之介(RK蒲田)、敢闘賞にはミドル級の赤井英五郎(帝拳)...
    pict
    other's NEWS
    2023-09-28
    11.3東日本新人王決勝 大橋ジム勢が最多4人 赤井英五郎は3度目の正直なるか 全選手意気込み
    11月3日に後楽園ホールで開催される第80回東日本新人王決勝の記者会見が28日、都内で開かれ、出場選手が決意を述べた。試合の模様はU-NEXTでライブ配信される。 東の決勝を戦う新鋭たち  今回は大橋ジム勢が4人で最多の決勝進出。三迫、協栄、RK蒲田が各2名。“浪速のロッキー”赤井英和さんの長男、赤井英五郎(帝拳...
    pict
    other's NEWS
    2023-06-01
    堤駿斗が強豪サンティシマに大差勝ち 最速記録の3戦目で東洋太平洋フェザー級王者に
    東洋太平洋フェザー級王座決定戦が31日、後楽園ホール「Life Time Boxing Fight 14」のメインで行われ、同級2位の堤駿斗(志成)は同3位ジョー・サンティシマ(フィリピン)に3-0判定勝ち。国内最速記録となるプロ3戦目で東洋太平洋王座を獲得した。スコアは118-110、119-109、120-108。 サンティシマに大差をつけ...
    ©2024 Kadoebi inc. All Rights Reserved.